PROFILE

p_plofile.jpg 梶野 智
Satoshi Kajino 


1965年 愛知県生まれ
1994年 東京農業大学
1988年 ヤンマーディーゼルサッカー部
1993年 セレッソ大阪
1998年 コンサドーレ札幌
2000年 セレッソ大阪 スクールコーチ就任
2001年 セレッソ大阪 チーム統括部スカウト担当200px
2004年 セレッソ大阪 事業部マーケティングディレクター
2004年 セレッソ大阪 チーム統括部強化担当
2005年 セレッソ大阪 チーム統括部スカウト総括責任者
2007年 セレッソ大阪 チーム統括部長(現強化部長)就任
2014年 株式会社日本ツアーサービス スポーツアドバイザー 就任
2014年 GS sports 代表取締役 就任

Jリーガーとして

​1994 -1997年 セレッソ大阪
1994年 Jクラブとしてセレッソ大阪の初代キャプテンを勤める。
1998年 コンサドーレ札幌に移籍。ここでも2年間キャプテンを勤める。
1999年 シーズン終了後にプロサッカー選手を引退。

Jリーグ通算136試合出場5得点

引退後

​2000年 - セレッソ大阪サッカースクール開発責任者
引退後のセカンドキャリアは古巣のセレッソ大阪のスクール開発責任者として、当時大阪府下に4校しかなかったスクールを1年間で11校まで拡大する。

2001年 当時11歳だった柿谷曜一朗が所属するジュニアチームのコーチを勤める。

2005年 年間順位5位の立役者のブラジル人トリオ「ブルーノクワドロス、ゼ・カルロス、ファビーニョ」の発掘と契約を取りまとめた。

2007年5月 レヴィクルピ監督の招聘に成功すると同時に自身も強化部 部長に就任し、香川・乾を中心にチームを攻撃型のサッカーに変貌させる。

2010年 J1に復帰する同時に、G大阪から播戸・家長の獲得に成功し、大分から高橋・上本・清武を補強し、ブラジル人FWアドリアーノを獲得し、Jリーグ3位なり、翌年のACL出場権を獲得した。

2011年 ACLチャンピオンズリーグ ラウンド16で、しかもアウエー万博でライバルであるガンバ大阪に勝利し、大阪のサッカー界の歴史を変えた。

2012年 柿谷を復帰させ、2013年にはレヴィクルピ監督の集大成のもと、柿谷を「日本のネイマール」と称し活躍させ、チームに「セレ女」ブームを巻き起こす先駆けを作った。

2013年シーズン終了をもって、セレッソ大阪を退社し、2014年2月からGSsports株式会社 代表取締役に就任し、スポーツコンサルタントとして現在に至る。

会社概要

社   名 GSsports株式会社
所 在 地 本         社  兵庫県尼崎市東園田町6丁目46−1
  大阪事務所  大阪市北区芝田1丁目1-4 
                   阪急ターミナルビル16F(株)リージャス内
設   立 2014年2月4日
資 本 金 700万円
役   員 代表取締役 梶野 智
事 業 内 容 スポーツ選手のマネージメント業務及びエージェント業務
スポーツ選手・スポーツインストラクターの育成及び派遣業務
芸能・スポーツイベントに関する企画、運営、運営代行、コンサルティング業務
スポーツ施設・リハビリ施設の経営、管理、運営業務
サッカースクールの経営・運営業務
サッカー留学の企画・斡旋業務